• HOME
  • Journal
  • 国内旅行
  • 【金沢】子連れ金沢旅行におすすめのスポット♡『金沢21世紀美術館』の見どころと魅力

【金沢】子連れ金沢旅行におすすめのスポット♡『金沢21世紀美術館』の見どころと魅力

国内旅行

子どもと一緒に金沢旅行へ行くなら、ぜひおすすめしたいのが『金沢21世紀美術館』(以下、金沢21世紀美術館)。

私も何度も訪れていて毎回色々な発見があるのですが、今回は初めて1歳4ヶ月の息子と一緒に行きました。

金沢21世紀美術館は、子どもが楽しめる場所、楽しめるアートが豊富に揃っています。

子どもの感性も磨くことができる金沢21世紀美術館をご紹介します。

 

見どころたっぷり!金沢21世紀美術館には有料スペース・無料スペースあり

金沢21世紀美術館

中央部分の丸い建物が美術館で、その美術館を取り囲むようにぐるっと公園になっている金沢21世紀美術館。

この公園をはじめ、実は無料で楽しめるスペースがたくさんあるのをご存知でしょうか。

金沢21世紀美術館の中でも特に有名なアートである、レアンドロ・エルリッヒのスイミング・プールは有料の展覧会ゾーンにあるので入場券が必要ですが、美術館の建物自体は無料で入ることができます。

 

金沢21世紀美術館の無料スペースで楽しめるアート-建物外編-

金沢21世紀美術館 金沢21世紀美術館

例えば、公園にあるこのアート。

見る場所によって色が違う不思議なアートは、息子も興味津々。

中に歩いて入ることもできるので、歩きたい盛りの1歳4ヶ月の息子はお散歩を満喫していました。

 

金沢21世紀美術館

ミラーの球体が重なり合ったこちらのアートも公園スペースにあります。

球体状なので、写真を撮ってもおもしろい♡

 

金沢21世紀美術館

球体の中は音が響くので、それも息子にとっては新たな発見だったようです。

 

金沢21世紀美術館

絶賛、階段上り下りがマイブームの息子にとってはこちらのアートも、もはやアトラクションに見えるよう。

息子以外のお子様も、楽しそうに登ったり降りたりしていました。

 

金沢21世紀美術館

また、金沢21世紀美術館の敷地内にある、「茶室・松濤庵」。

こちらも無料で見学することができます。

21世紀美術館というモダンな敷地の中に突如現れる江戸時代の茶室!

かなり風情があり、ちょっと立ち寄るだけでも楽しいです。

 

金沢21世紀美術館無料スペースで楽しめるアート-建物内部編-

金沢21世紀美術館

まず、美術館内部で無料で楽しめるスポットがこのうさぎ耳チェアー。(私が勝手に命名)

シンプルなのに、本当にうさぎが並んでいるようでほっこりするエリアです。

 

「うさぎさんぴょんぴょんだね〜」というと一緒に手を上げる息子。

もう少し大きくなったら、この椅子のフォルムがうさぎさんだと気づくのかな?

また大きくなってから訪れる楽しみが増えました。

 

金沢21世紀美術館

歩くのが楽しくて仕方ない息子がハマったのがこの絨毯のエリア。

大きなお山、小さなお山が連なるようになっているので、デコボコした中を歩くのは息子もとっても楽しかったようです。

ここからなかなか動いてくれなくて、連れ出そうとするときには泣き始めたくらい、この場所が気にっていました。

 

金沢21世紀美術館

このウォールアートのエリアも無料です。

このウォールアート、実は全然見慣れず、見つけたときはちょっとポカーンとしてしまったくらい。

というのも、実はこのウォールアート、前回来た時は違ったのです!

 

金沢21世紀美術館

以前、2017年春に来たとき、このウォールアートはモダンな加賀友禅模様でした。

手前の椅子もかわいくて、このウォールアートが大好きだったのですが……。

いつから変わったのかまではわからないのですが、2019年現在は先ほどのモノクロのウォールアートに変わっています。

この加賀友禅模様がとても好きだったので、私はショックを隠しきれず。

このウォールアートをお写真に収めたくて行く方もいらっしゃるかもしれませんが、2019年現在はありません!

また、こちらの加賀友禅模様に変わる日は来るのか、不明です。

次のページ:不思議体験!レアンドロ・エルリッヒの「スイミングプール」
続きを読む
1 / 2

kico

子育てしながら、コラムライター・グラフィックデザイナーとして活動中。 ・トラベルライター(大人女子旅・子連れ旅・ひとり旅) ・ライティングスキルアップ講座 ...

プロフィール

Related Entries