• HOME
  • Blog
  • France
  • 【パリ】モネ「睡蓮」を堪能♡オランジュリー美術館の見どころ・チケット入場料・行き方など基本情報

【パリ】モネ「睡蓮」を堪能♡オランジュリー美術館の見どころ・チケット入場料・行き方など基本情報

France

パリの人気美術館・オランジュリー美術館

パリには、ルーヴル美術館、オルセー美術館、そしてその他にもたくさんの名高い美術館がありますが、私が一番大好きなのがオランジュリー美術館。

ここでは、他では観ることのできないモネの「睡蓮」を鑑賞することができます。

モネファン、「睡蓮」ファンは絶対に訪れるべきオランジュリー美術館の見どころ、チケット入場料、行き方など基本情報をご紹介します。

 

オランジュリー美術館とは

オランジュリー美術館は19世紀後半から20世紀初頭、つまり印象派、そしてポスト印象派のフランス美術を収蔵・公開するフランスの国立美術館です。

チュイルリー公園の中にある美しい美術館の建物は、オレンジの温室を改装したものだそう。

特に有名な絵画としては、モネ「睡蓮」、そして、ルノワール「ピアノを弾く少女たち」ではないでしょうか。

その中でもモネの「睡蓮」は自然光のもとで鑑賞できる場所として、オランジュリー美術館が選ばれただけあり、「睡蓮」を目的に来館する人は多くいるはず。

自然光が降り注ぐ楕円形のお部屋では、「睡蓮」の大型連作を鑑賞することができます。

 

オランジュリー美術館で絶対に観たい!モネ「睡蓮」

オランジュリー美術館の地下には、楕円形のお部屋が二つあります。

その二つのお部屋とも、あるのはモネ「睡蓮」だけ。

 

主に、日の出から日の入りまでの移り変わりを描いていて、日の出前を描くちょっとダークな池の様子から、朝日を浴びている様子、雲が出ている時の様子、夕日が沈む様子や、池の周りの木々がリフレクションする様子など、「睡蓮」を軸にした場面場面がとても美しく描かれています。

「睡蓮」は多数制作されており、世界中の美術館で目にしたことがあるはず。

でも、これだけの大作、連作はオランジュリー美術館でしか観ることができません。

一枚の絵でも、数歩歩いて観てみるだけで色使いが変わっていたり、どれだけ観ていても飽きることない、本当に素晴らしい大作です。

オランジュリー美術館はすでに2,3度訪れているのですが、それでもやはりこの「睡蓮」を観たくて今回も行ってしまいました♡

印象派には興味ない方でも、この「睡蓮」の迫力と、自然光がさすサンルームでの鑑賞時間の美しさに十分価値があるので、ぜひ足を運んでみてほしいです。

続きを読む
1 / 2

kico

子育てしながら、コラムライター・グラフィックデザイナーとして活動中。 子育ても楽しみながら、自分の時間も楽しんでいます♡ デジタルとハンドライティングの良さ...

プロフィール

Pick Up

Related Entries